概要:

共分散構造分析/構造方程式モデリング(SEM)は、原因と結果が複雑に入り組んだ現象を分析・検証する手法で、数値のように測定できるデータだけでなく、直接観測ができない”概念”を一緒に分析することができます。回帰分析や因子分析、パス解析の機能を併せ持つ高度な多変量解析手法として、社会調査や心理学、マーケティングなどの分野で多く利用されています。
当セミナーでは、「コンビニエンスストア利用者アンケート」を例に製品のデモを交えながらパス図を用いてどのように変数間の因果関係を表現できるのか、IBM SPSS Amosを利用するメリットと合わせてご紹介いたします。

 

【適用分野】

  • 顧客や患者の満足度調査に
  • 従業員調査に
  • ブランド・ロイヤリティ分析に
  • 購買行動分析に
  • 社会学・心理学等の論文作成に

 

開催概要

【場所】お客さまのオフィスからWeb経由でご視聴いただけます。
※お申し込みの方には別途e-メールにて参加方法をご案内させていただきます。

【開催日】2018年11月15日(木)

【時間】170017:45

【主催】日本アイ・ビー・エム株式会社、シネックスインフォテック株式会社、スマート・アナリティクス株式会社 3社共同開催

【参加費用】無料 / 事前登録制

【お申込み】
IBM専用フォームよりお申込み下さい。

 

備考

※お申し込み者多数の場合、事前の予告なくお申し込みを終了させていただく場合がございますので、お早めにお申し込みください。 
※法人を対象としたセミナーです。個人の方のお申し込みはご遠慮ください。また、同業他社様からのお申し込みはご遠慮ください。 
※セミナー内容は、当日の進行状況などにより事前の予告なく変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

 

カスタマーセンター03-5324-2272受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お見積り・お問合わせはこちら Web専用フォーム