【オンラインセミナー】複雑な因果関係を解明 ~共分散構造分析/構造方程式モデリングを実現する IBM SPSS Amos


共分散構造分析について

IBM SPSS Amosを使用した図の作成画面

コンビニエンスストアでの活用例

 

視聴ご希望の方は、下記のフォームよりご登録ください。
ご登録完了後、ご記入いただいたメールアドレス宛に動画ページのリンクとログインパスワードが届きます。

概要

 共分散構造分析/構造方程式モデリング(SEM)は、原因と結果が複雑に入り組んだ現象を分析・検証する手法で、数値のように測定できるデータだけでなく、直接観測ができない”概念”を一緒に分析することができます。回帰分析や因子分析、パス解析の機能を併せ持つ高度な多変量解析手法として、社会調査や心理学、マーケティングなどの分野で多く利用されています。

 当セミナーでは、「コンビニエンスストア利用者アンケート」を例に製品のデモを交えながらパス図を用いてどのように変数間の因果関係を表現できるのか、IBM SPSS Amosを利用するメリットと合わせてご紹介いたします。

動画を見る(無料登録制)