対応のないt検定とは

対応のないt検定は、2群を比較する際に利用する検定手法です。群を比較する際に、平均値を利用するパラメトリック検定(正規分布を仮定する)です。データとしては、2つのグループの変数と、比較するための量的な変数を利用します。量的変数の平均値を利用し、群間に統計的に有意な差があるのかないのかを検定します。ノンパラメトリック検定の場合には、マンホイットニーのU検定が同様の手法といえます。

SPSS Statisticsでは、対応のないt検定は、「平均の比較」>「独立サンプルのt検定」というメニューに搭載されています。なおこの機能は、SPSS Statistics Baseのみで実行可能です。

対応製品

必要なSPSS Statistics モジュール

SPSS Stataistics Base : 独立サンプルのt検定(対応のないt検定)はSPSS Statistics Baseのみで実行可能です。

SPSS Statistics のイメージ

IBM SPSS Statistics

全世界で28万人以上が利用する統計解析のスタンダードソフトウェアです。1968年に誕生し、50年以上にわたり全世界の統計処理をサポート。データ分析の初心者からプロまでデータの読み込みからデータ加工、分析、出力までをカバーする統合ソフトウェアです。

見積依頼・問い合わせをする0120-290-210受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

問合せ・見積・注文をする お気軽にお問い合わせください

関連情報

SPSS Statistics 29 新機能をご紹介

最新バージョンSPSS Statistics 29の新機能をご紹介。新たに追加されたエラスティックネットやリッジ、ラッソ回帰、生存時間モデルの加速モデルなど様々な機能が追加されました。

知っておきたいSPSSの使い方:小技Live(無料セミナー)

毎月開催の無料セミナー。SPSS Statisticsのおすすめの機能とその使い方についてデモを交えてご紹介します。

「はじめてのSPSS超入門」Liveオンライントレーニング

統計解析ソフトウェア「IBM SPSS Statistics」をはじめて使い始める方向けのZOOMを利用したオンライントレーニングコースです。

SPSSではじめる傾向スコア分析入門 12月17日

傾向スコアを利用した研究を行いたい方向けに理論とSPSSによる実践を同時に学ぶ半日のトレーニングコースです。講師は日本赤十字看護大学の川﨑洋平氏とSPSS超入門の著者である畠慎一郎。

SPSS 学生版「SPSS Statistics Grad Pack」いつでもどこでも利用可能

SPSSの学生版「IBM SPSS Statistics Grad Pack」は、大学生、大学院生向けに自宅で自身のPCで利用が可能な1年間限定のソフトウェア。当ページでは、便利でお得な学生版についてご紹介。