オンライントレーニング

いつでも、どこでも、PCで、スマホ・タブレットで学べるオンライントレーニングコース

スマート・アナリティクスでは、各種セミナーのオンライン版を提供しております。

いつでも、どこでも、何度でも。PC、スマホ、タブレットで各種コースを受講可能です。ご自身のペースで学習ができるため高い学習効果を得ることが可能です。

遠隔地の方や日程のご都合が合わない方にもおすすめのトレーニングコースです。

また、基本6コースをパックにしたお得な「オンライントレーニング受け放題」もご用意いたしました。

 

 

スマート・アナリティクスのオンライントレーニング一覧

IBM SPSS製品関連

SPSSによる基礎統計

「SPSSによる基礎統計〜基本操作から一元配置の分散分析まで」

統計解析パッケージ「IBM SPSS Statistics」の基本的操作を初歩の統計解析手法を利用しながら学ぶコースです。IBM SPSS Statisticsの基本的な操作を習得することを目標に、SPSS Statisticsの基本的な操作方法をデータの読み込み方から分析データの定義、データ加工の基本、記述統計や度数分布、グラフ作成などの基礎集計、そしてクロス集計(カイ2乗検定)や相関分析、平均の差の検定、一元配置の分散分析まで統計手法を実際に操作を行いながら学んでいきます。


Amosオンライントレーニング

「IBM SPSS Amos 操作入門」

共分散構造分析ソフトウェア「IBM SPSS Amos」の基本操作を学べるオンライントレーニングコースです。共分散構造分析ソフト「Amos」にて利用できる因子モデル、回帰モデル、構造方程式モデリングについて、実際にAmosを利用しながら操作方法から理論、出力結果の読み解き方までじっくりと学ぶことが可能です。


分散分析オンライントレーニング

「SPSSによる分散分析と一般線型モデル」

3つのグループ以上の平均値の差の検定を行う際に利用する分散分析と一般線型モデルについて、基本的な考え方の解説からSPSS Statisticsを利用した処理の方法までを学ぶことが可能です。一元配置の分散分析、二元配置の分散分析までをカバーしているコンテンツです。


線型回帰とロジスティック回帰

「SPSSによる線型回帰とロジスティック回帰」

線型回帰分析とロジスティック回帰分析をまとめて学べるオンライントレーニングコースです。回帰分析については、基本的な考え方ととも単回帰、重回帰分析について学習し、実際にSPSS Statisticsを利用した回帰モデルの構築を学びます。また、SPSS Regressionにて実施可能なロジスティック回帰分析についても二項ロジスティック回帰分析について理論と共にSPSS Statistics(Regressionモジュール)での手順についてわかりやすく解説いたします。


SPSSによる対応サンプルの検定と反復測定

「SPSSによる対応サンプルと反復測定」

統計解析パッケージ「IBM SPSS Statistics」を利用して、対応のあるサンプルの検定と反復測定について、手法の解説とともにSPSS Statisticsを利用した手続きについても解説を行います。


主成分分析と因子分析

「SPSSによる主成分分析・因子分析」

当コースは、変数を集約する手法である主成分分析と、背景にある潜在要因を探索する因子分析について基本的な考え方からSPSS Statisticsでの実行まで学ぶことができるコースです。因子分析については、主因子法、最尤法をカバーし、受講後にはご自身のデータで因子分析ができるようわかりやすく解説します。


オンラインコース受け放題

上記6コースがパックになって更にお得な「オンライントレーニング受け放題」パック

ゼミで、部署で、学内全体で。SPSS Statisticsの基本トレーニングコース6コースが受け放題のコースとなります。この6コースが契約期間中、見放題のパッケージです。ゼミ単位で、同じ研究領域の研究者同士で、部署内でと複数人のご利用でお得に受講可能です。


マーケティング関連トレーニングコース

オンラインセミナー

「最新の消費者行動から考えるマーケティングの新潮流(オンライン学習プラットフォームUdemyにて提供中)」

消費者行動研究の第一人者でもあり、数多くの企業との産学連携の実績をお持ちの慶應義塾大学 商学部の清水聴教授より、最新のマーケティング理論と消費者行動論について、その理論をわかりやすく解説するとともに実例を挙げて解説をすすめていきます。