SPSSによる主成分分析と因子分析

「SPSSによる主成分分析と因子分析」:オンライントレーニング

当コースは、変数を集約する手法である主成分分析と、背景にある潜在要因を探索する因子分析について基本的な考え方からSPSS Statisticsでの実行まで学ぶことができるコースです。

因子分析については、主因子法、最尤法をカバーし、受講後にはご自身のデータで因子分析ができるようわかりやすく解説します。

<コース内容>

  1. 主成分分析と因子分析
    1. 主成分分析と因子分析とは
  2. 主成分分析
    1. 主成分分析
    2. 合成変数の作成
  3. 因子分析:主因子法
    1. 主因子法
    2. 潜在変数の探索
    3. 回転
    4. KMOの値とBartlettの検定
  4. 因子分析:最尤法
    1. 最尤法による因子分析
    2. 斜行の回転
    3. 因子の解釈

 

オンライントレーニング概要

利用時間 受講開始から60日間
対象 ・​SPSS Statisticsを導入し、主成分分析ならびに因子分析について学びたい方
参加費
【一般・教育機関】15,000円(税抜)16,500円(税込)

【学生(高校生・大学生・大学院生)】8,000円(税抜)8,800円(税込)

※学生の方は、在学が証明できる学生証か在学証明が必要になります。
お申込みフォームより在学が証明できる学生証のコピーもしくは在学証明のコピーなどをアップロードしていただくか、info@smart-analytics.jp宛にお送り下さい。

複数人同時お申込みの方向けの割引料金もございます。

動作環境
Windows

<OS> Windows 7 SP / 8.1 / 10
<ブラウザ> Internet Explorer ver 11.0.56 / Google Chrome ver 66.0.3359.139

Mac

<OS> Mac OS 10.11
<ブラウザ> Google Chrome ver. 66.0.3359.139 / Safari ver. 11.1

タブレット/スマートフォン

<OS> Android 5.0/5.1/6.0/7.0/7.1.1/8.0  <ブラウザ> Google Chrome

<OS> iOS 9/10/11 <ブラウザ> Safari

備考当コースは、NTTひかりスタディを通じて提供いたします。

受講のお申し込み

専用フォームよりお申し込みください。

関連オンライントレーニング

【受講方法・お支払いについて】

  • お申し込みは、受講開始希望日の5日前までにお申し込みください。
  • 法人ではなく、個人で受講の場合には、トレーニング受講前のお支払いをお願いしております。
  • 手続きは以下の流れとなります。
    法人にてお支払いの場合に限り、後払い(月末締/翌月末払い)でのお支払いに応じております。
  • 上記の「オンライントレーニング専用お申込みフォーム」に必要事項を記載ください。
    1. お申込み受領後に弊社より振込先等を記載した請求書をメールにてお送りいたします。
    2. 指定の銀行口座にお振込をお願いいたします。
    3. ご入金が確認次第、受講確定ならびにアクセス情報・受講情報のメールをお送りいたします。

※受講はお申込者ご本人様に限ります。
※法人支払いで後払いをご希望の方は事務局までご連絡ください。

<受講に関しての注意事項>

  • 一旦、納入いただいた受講料は、受講前・受講途中に関わらず、いかなる理由であっても払い戻しや別セミナーへの振替はできません。
  • 当申込みによりスマート・アナリティクス株式会社が取得した個人情報は、弊社プライバシーポリシーに基づき、受講手続きや各種連絡、講座運営やダイレクトメールなどの方法で弊社のセミナー、製品のご案内をお送りするために利用します。
  • 同業・競合企業の参加はご遠慮いただいております。
  • スマート・アナリティクス株式会社 個人情報保護方針:https://smart-analytics.jp/privacy_policy/
  • 当サイトよりお申込み頂いたお客様に受講確認ならびにコース詳細をメールにてお送りいたします。
    お申込後、5営業日以内に弊社よりメールが届かない場合は、弊社担当窓口(info@smart-analytics.jp)まで ご連絡ください。
  • 【当セミナーに関するお問い合わせ】

スマート・アナリティクス株式会社
〒107-0051 東京都港区元赤坂1丁目7番18号 KIZUA EAST 1F
TEL 03-5324-2272 / E-mail : info@smart-analytics.jp