ベイズ推定とは

ベイズ推定とは、観測された事実を基にして、その事実の原因となる事象が起こる確率を推定する方法です。
これは、観測者がその事象が起こると考える確率(事前確率)を、その後に観測された事実によって、 より客観的な確率(事後確率)に推定していく方法です。

さらに新しい事実が得られたなら、求めた事後確率を事前確率と考え、新しい事実に基づいて推定を行うことで、 さらに客観的な確率を求めることができます。

統計学では、ベイズ推定が応用されて、ベイズ統計学の代表的な方法になっています。

 

ベイズ推定に対応しているSPSS製品
  • Amos
    パス図をイメージして共分散構造分析を行うことができます。 探索的にモデルをシュミレーションさせたり、多母集団の比較などを行うことができます。
    ※当製品は、IBM SPSS Statistics Base なしでも稼動します。

 

 

 

 

 

SPSSお問合せセンター03-5324-2272受付時間 9:00-17:30
[ 土・日・祝日除く ]

お見積り  お問合わせは  こちら専用Webフォーム