度数分布表とは

度数分布表は、質的カテゴリデータのそれぞれの項目が、どれくらいの件数、度数があるのかを把握できる表のことを言います。質的データの記述統計において利用される代表的な表と言えます。

度数は英語でfrequencyまたはcountといいます。度数分布表はそのカテゴリの値が、どのくらい頻繁に出現するのか、その値の個数を表します。

度数分布表は棒グラフとともに表すことにより、よりわかりやすくなります。アンケートでの満足度のデータや名義尺度のデータなどが対象です。

SPSSによる度数分布表の作成方法

SPSS Statisticsを利用すれば度数分布表の作成はとてもカンタンに実行可能です。

詳しくは「SPSSの使い方:第7回 記述統計:質的データ編」にて公開しています。ぜひ御覧ください。

SPSSの度数分布表の作成 度数分布表の出力

 

度数分布が可能なSPSS製品

統計解析パッケージ「IBM SPSS Statistics」

50年以上の歴史を持つSPSS Statisticsは、度数分布表の作成も含め、記述統計、推測統計をカンタンに実行可能な統計解析のプラットフォームです。

SPSS Statisticsイメージ