主成分分析とは

主成分分析は、多数の変数を少数の合成変数(主成分)に縮約し、データの解釈を容易にするための手法です。
主成分は、持っている情報量の順に第1主成分、第2主成分、…となり、データの持つ変数の数だけ求まりますが、 一般に累積寄与率が0.8を超えるまでの主成分を用います。

主成分分析の活用例

・アンケート分析
・スポーツチームの分析

 

主成分分析が可能なSPSS製品
  • IBM SPSS Statistics Base
    使いやすさ、解りやすさを追求した統計解析ソフトのスタンダード。統計解析ソフトIBM SPSS Statisticsの基本ソフトウェアです。
  • IBM SPSS Categories
    データに質的尺度を持つ変数による回帰分析が可能です。

 

 

SPSSお問合せセンター03-5324-2272受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お見積り・お問合わせはこちらWeb専用フォーム