プロビット分析とは

プロビット分析とは、重回帰分析において被説明変数をダミー変数(0と1など)に置き換えて 各説明変数の影響を調べる場合に用いられる手法です。つまり、被説明変数が一方(0か1など)になる確率が、他の説明変数の影響を受けているかを分析することができます。ロジット分析との違いは確率推定関数であり、ロジット分析がロジスティック関数を用いるのに対して、 プロビット分析は正規累積関数を用います。推定関数は、最尤推定法によって求めます。

 

プロビット分析に対応しているSPSS製品
  • IBM SPSS Regression
    ロジスティック回帰、非線型回帰、プロビット分析など、専門的な回帰分析手法をカバーしたオプション。
    ※当製品にはIBM SPSS Statistics Base が必須です。
  • IBM SPSS Statistics Base
    使いやすさ、解りやすさを追求した統計解析ソフトのスタンダード。統計解析ソフトIBM SPSS Statisticsの基本ソフトウェアです。

 

 

 

SPSSお問合せセンター03-5324-2272受付時間 9:00-17:30
[ 土・日・祝日除く ]

お見積り  お問合わせは  こちら専用Webフォーム