重回帰分析とは

重回帰分析とは、目的変数を複数の説明変数により予測・制御する手法です。目的変数と説明変数間に数式を当てはめ、目的変数の変動が説明変数の変動により、どの程度影響されるか分析します。

目的変数に対する各説明変数の影響の程度を明らかにすることを目的として用います。

 

重回帰分析が可能なSPSS製品
  • IBM SPSS Statistics Base
    適合度や回帰係数などの回帰分析に関する統計量を出力します。ステップワイズ法により独立変数の選択が可能です。 
  • IBM SPSS Regression
    非線型による回帰分析が可能です。ロジステック回帰分析を行うことができます。
  • IBM SPSS Advanced Statistics
    従属変数に順序尺度をもつロジスティック回帰分析が可能です。
  • IBM SPSS Categories
    データに質的尺度を持つ変数による回帰分析が可能です。

 

 

カスタマーセンター03-5324-2272受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お見積り・お問合わせはこちら Web専用フォーム