共分散構造分析とは

共分散構造分析は、観測変数から直接観測できない潜在変数を導出し、潜在変数と観測変数との間の因果関係を理解するための統計的アプローチです。
潜在変数と観測変数の因果関係を分析できる点から、回帰分析と因子分析を組み合わせた分析手法と考えることができます。 各種の社会現象・自然現象などの因果関係を調べるために用いられます。

共分散構造分析の活用例

・アレルギー疾患調査などの医薬統計
・ブランドイメージの計量化
・消費者行動における潜在意識調査

共分散構造分析に対応しているSPSS製品
  • Amos
    パス図をイメージして共分散構造分析を行うことができます。探索的にモデルをシュミレーションさせたり、多母集団の比較などを行うことができます。
    ※当製品は、IBM SPSS Statistics Base なしでも稼動します。
  • IBM SPSS Statistics Base
    使いやすさ、解りやすさを追求した統計解析ソフトのスタンダード。統計解析ソフトIBM SPSS Statisticsの基本ソフトウェアです。

 

 

 

SPSSお問合せセンター03-5324-2272受付時間 9:00-17:30
[ 土・日・祝日除く ]

お見積り  お問合わせは  こちら専用Webフォーム