回帰分析とは

回帰分析は、統計解析手法の中でも良く知られている分析手法のひとつです。

回帰分析は、説明変数から目的変数を推定する分析手法であり、予測や制御のために用いられます。
2変数間の変動の傾向を数式により、実データとの誤差が最小になるようにモデル化を行います。
回帰分析というと主に単回帰分析を指し、変数間に直線式を当てはめます。また線型回帰・非線型回帰・ロジスティック回帰などさまざまな種類が存在します。

 

回帰分析が可能なSPSS製品
  • IBM SPSS Statistics Base
    適合度や回帰係数などの回帰分析に関する統計量を出力します。ステップワイズ法により独立変数の選択が可能です。
  • IBM SPSS Regression
    非線型による回帰分析が可能です。ロジステック回帰分析を行うことができます。
  • IBM SPSS Advanced Statistics
    従属変数に順序尺度をもつロジスティック回帰分析が可能です。
  • IBM SPSS Categories
    データに質的尺度を持つ変数による回帰分析が可能です。

 

 

SPSSお問合せセンター03-5324-2272受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お見積り・お問合わせはこちらWeb専用フォーム