生存分析とは

生存分析とは、対象とする2つのイベント(観察開始時点と発病・死亡など)の間の経過時間に基づくデータの評価に用いる手法です。例えば、ある治療の効果を分析したいときに、病気の治療を行った患者において、 病気が再発する(イベント)までの時間を解析するという方法のことです。

イベントが再発であっても治癒であっても、単に率を調べるのではなく、 時間の経過の中でどのくらいの割合の患者に起こるのかが問題となります。そのため、イベントの累積発生率をプロットした生存曲線を使って分析を行います。

生存分析の活用例

・薬剤の効果の評価
・クレジットカード会員が1年後に解約する確率を、性別や年齢、年収などの属性データや利用履歴から予測できます。

 

生存分析に対応しているSPSS製品
  • IBM SPSS Advanced Statistics
    生存表、生存確率が算出でき、性別などの属性間の比較をグラフで表示できます。
    ※当製品には、IBM SPSS Statistics Baseが必須です。
  • IBM SPSS Statistics Base
    使いやすさ、解りやすさを追求した統計解析ソフトのスタンダード。統計解析ソフトIBM SPSS Statisticsの基本ソフトウェアです。

 

 

 

 

SPSSお問合せセンター03-5324-2272受付時間 9:00-17:30
[ 土・日・祝日除く ]

お見積り  お問合わせは  こちら専用Webフォーム