検定とは

検定とは、「集団Aは集団Bより平均身長が高い」というような仮説を立て、 その仮説が本当に正しいかどうかを統計的に検討するための手法であり、統計的仮説検定とも呼ばれます。 観測された標本に見られた差は偶然生じた差かもしれません。 そのため、観測された標本に見られた差が、偶然とは考えられないほど意味のある差であるか 母集団で比較しても本当に差があるといえるのかを統計的に検討する必要があります。

検定では、判断を下したい仮説を帰無仮説と対立仮説で記述します。 上記の例では、帰無仮説を「2つの集団の平均身長に差はない」とし、対立仮説を「2つの母集団の平均身長に差がある」とおきます。 統計的に差があると判断できる場合には帰無仮説を棄却し、「2つの母集団の平均身長に差がある」という対立仮説を採択し、 逆に、意味のある差はないと判断された場合、対立仮説を棄却し、帰無仮説を採択します。 なお、検定にはt検定、F検定、カイ2乗検定など様々な検定があります。

検定におすすめのSPSS製品
  • IBM SPSS Statistics Base
    統計解析のスタンダードツールIBM SPSS Statisticsは、さまざまな検定機能を標準装備しています。

SPSSお問合せセンター03-5324-2272受付時間 9:00-17:30
[ 土・日・祝日除く ]

お見積り  お問合わせは  こちら専用Webフォーム