主要搭載手法/機能

  • 2次元クロス表や多重回答グループの複雑なカスタムテーブルの作成
  • カイ二乗などの検定統計量

概要

分析結果を必要とする人にレポート
分析結果を、意思決定者、同僚、クライアントにレポートすることがよくあると思います。しかし表形式レポートには、試行錯誤が必要となり作成に時間がかか るものです。IBM SPSS Custom Tables(旧PASW Custom Tables)では、テーブル表を作成する際に視覚的に確認できるので、洗練された最適なテーブル表を、短時間のうちに作成できます。

IBM SPSS Statistics製品のアドイン・モジュールであるIBM SPSS Custom Tablesを使用すると、行や列にデータを簡単に要約できます。このモジュールでは、作成の段階に応じてインターフェイスがリアルタイムで更新されるの で、テーブル表がどのようなものになっているのかを常に把握できます。また記述的統計量や検定統計量を追加したり、テーブル表をカスタム化してわかりやす くできます。完成したテーブル表は、Microsoft Word®、Excel®、PowerPoint® 、HTMLにエクスポートできます。

IBM SPSS Custom Tablesは、アンケート調査や市場調査、社会科学、データベース/ダイレクトマーケティング、そして企業研究などで定期的にレポートを作成/更新する人たちにとって、理想的なツールです。

IBM SPSS Statistics BaseにIBM SPSS Custom Tablesを追加することで機能が拡張されます。IBM SPSS Custom Tablesには、お客様からの要望が高かった以下の機能が搭載されています。
・インタラクティブなテーブルプレビュービルダーを利用すると、表を作成しながらその表示内容を確認可能
・カテゴリ管理機能を使用することで、特定のカテゴリの非表示、欠損値セルの表示、小計の表示が可能
・検定統計量により、テーブル表をより深く理解。独立性の検定(カイ2乗)、平均の比較(t検定)、比率の比較(z得点)
・レポート用として、WordやExcel内で容易に使用可能

IBM SPSS Custom Tablesはクライアント環境用のソフトウエアですが、より優れたパフォーマンスや拡張性をご希望の場合は、IBM SPSS Statistics Server と併せて使用することによりクライアント/サーバ環境にインストールできます。

作成しながらテーブル表をプレビュー
IBM SPSS Custom TablesのGUIはわかりやすく、テーブル表の作成中に想像に頼る必要はありません。ドラッグ&ドロップとプレビューを使用することで、OKボタンを クリックする前に、作成されるテーブル表がどのようになっているのかを見ることができます。

変数を画面上で扱い、これがカテゴリ型なのかスケール型なのかを確認できます。またデータがどのように構成されているのかを即座に理解できます。

使 用する変数をテーブルプレビュービルダーにドラッグするだけで、テーブル表を作成できます。複雑なシンタックスを記述したり、面倒なダイアログボックスを 使用する必要はありません。また、行から列へと変数を適切な位置に移動させることができます。変更を加えるとすぐにテーブルプレビュービルダーが変更され るので、書式がどのように変更されたのかを即座に確認できます。直接テーブルプレビュービルダー内で変数の追加、入れ替え、入れ子を行うことや、統計量ラ ベルを非表示にすることができます。また大きくて複雑なテーブル表を簡易な表示に切り替えてより簡潔な形式で変数を表示させることもできます。

テーブルの構成をカスタム化
IBM SPSS Custom Tablesのカテゴリ管理機能を使用して、自分の好きなように情報を表示することができます。データファイルには変更を加えることなく、合計や小計を表 示させることができます。複数のカテゴリをまとめて1つのカテゴリにすることができますが、これは頻繁に top box – bottom box分析を行う場合等に便利です。また小計の計算に影響を与えることなく、テーブル表内のカテゴリをソートできます。

変 数の型を変更したりカテゴリを除外することができるので、テーブル表を最適な形に編集することができます。たとえば度数のないカテゴリを表示/非表示にす ることで、出力をより明快かつ簡潔にできます。あるいはセル内の値に基づいてカテゴリをソート/ランク付けすることで、整然かつ情報に富んだテーブル表を 作成できます。