製品概要

IBM SPSS Decision Treesを使用することにより、将来の事象の予測、より正確なグループ特定、グループ間の関係の発見が可能になります。デシジョン・ツリーと高度に視覚化された分類ツリーに、分類別の結果を直感的に理解できる方法で表示するため、専門的な知識がない人に対しても分析結果をわかりやすく説明できます。このモジュールでは、区分化、層化、予測、変数のスクリーニング、交互作用の特定、データの縮約、カテゴリー結合、連続変数の離散化のための分類モデルを作成できます。

 

主要搭載手法・機能

ツリー分類モデル

ケースをグループに分類するか、予測子変数の値に基づいて目的変数の値を予測します。一連の決定基準に基づいて将来の観測を分類または予測できます。

 

検証と分析

探索分類分析のための検証ツールを組み込んでいます。複数の方法のいずれかで、目的変数の表、棒グラフ、または両方を各ノード内に表示できます。

 

評価機能

最高や最低の貢献度で区分を識別するための利益チャートを組み込み、利益要約表のビジュアル表示が可能な評価グラフを組み込んでいます。

 

エクスポート機能

SPSS Statistics出力形式にオブジェクトをエクスポートできます。データベースにスコアを付けるために、SQLで選択された区分を定義するルールを生成、またはSPSS Statisticsのファイルにスコアを付けるための構文を定義することができます。

 

CHAID

高速にデータを探索し、目的とする結果を得るためのプロファイルと区分を構築する、高速で統計的なマルチウェイ・ツリーです。

 

Exhausted CHAID

CHAIDに修正を加え、予測変数ごとに可能なすべての分岐を調べます。

 

Classification and regression tree(C&RT)

完全なバイナリー・ツリーで、データを分割し、同質のサブセットを正確に作成します。

 

QUEST

偏りなく変数を選択する統計アルゴリズムで、二分木を効率的かつ高速に作成します。

 

カスタマーセンター03-5324-2272受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お見積り・お問合わせはこちら Web専用フォーム