IBM SPSS Missing Valuesは、データの有効性を考慮する際の重要なツールです。データをさまざまな角度から容易に検討でき、欠損データのパターンを明らかにすることができます。その後、要約統計量を推定し、統計アルゴリズムを使用して、欠損値を算出します。

機能

  • 多重代入法

概要

欠損データを無視したり、除外したりすると、偏りのある結果や役に立たない結果が得られる危険が出てきます。IBM SPSS Missing Valuesを使用して欠損データを算出し、より有効な結論を引き出せます。 IBM SPSS Missing Valuesは、データの有効性を考慮する際の重要なツールです。データをさまざまな角度から容易に検討でき、欠損データのパターンを明らかにすることが できます。その後、要約統計量を推定し、統計アルゴリズムを使用して、欠損値を算出します。

観 察された欠損データのパターンに基づいて、問題がある質問(わかりにくい質問)を特定し、これを修正することで、アンケートの質問を改善できます。またそ れだけではなく、パターンの不一致のパーセントを示す表を使用することで、ある変数に関して欠損値を含む変数が、欠損値を持つ他の変数と関連しているのか どうかを判断できます。たとえば、年収に関する質問に答えなかった回答者は、学歴に関する質問にも答えていない、などの場合です。この情報を利用して該当 する質問を改善することで、今後の調査内容を改善できます。