正確確率検定とは

正確確率検定とは、標本数が少ない場合に、2変数の独立性の検定に用いられ、2×2分割表の2変数の間に有意な差が見られるかを検討します。標本数が多い場合にはカイ2乗分布が用いられますが、標本数が少ない場合や、偏りの大きいデータの場合には、 カイ2乗検定は適さないため、正確確率検定が用いられます。

 

正確確率検定にお勧めのSPSSソフトウェア
  • IBM SPSS Statistics Base
    統計解析のスタンダードツールIBM SPSS Statisticsは、さまざまな検定機能を標準装備しています。
  • IBM SPSS Exact Tests
    正確確率検定をはじめ、ピアソンのカイ2乗検定、尤度比検定などに対応のIBM SPSS Statisticsオプション。

 

 

カスタマーセンター03-5324-2272受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お見積り・お問合わせはこちら Web専用フォーム