欠損値分析とは

欠損のあるデータを分析しようとすると、データ数の減少などから分析の精度が落ちる場合があります。
そこで、欠損データに対して、他の変数を利用して欠損部分の予測、置き換えを行うものが欠損値分析です。
欠損データの予測には、観測されたデータから重回帰式を求めて予測する方法や、最尤推定値を求めるアルゴリズムを用います。

欠損値分析に対応しているSPSS製品
  • IBM SPSS Statistics Base
    使いやすさ、解りやすさを追求した統計解析ソフトのスタンダード。統計解析ソフトIBM SPSS Statisticsの基本ソフトウェアです。
  • IBM SPSS Missing Values
    新データ内にある欠損情報に対して、EM法や回帰手法を使用してデータの置き換えを行います。

 

 

SPSSお問合せセンター03-5324-2272受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お見積り・お問合わせはこちらWeb専用フォーム