SPSSの使い方 ~IBM SPSS Statistics超入門~ 第7回:はじめにデータを確認してみよう。〜記述統計:質的データ編〜

SPSSの使い方

当コラムで利用している製品

SPSS Statistics

全世界で28万人以上が利用する統計解析のスタンダードソフトウェアです。
データ分析の初心者からプロまでデータの読み込みからデータ加工、分析、出力までをカバー。

SPSS製品に関するお問い合わせ/お見積りはこちら

【関連情報】

SPSSの使い方 ~IBM SPSS Statistics超入門~
第7回:はじめにデータを確認してみよう。〜記述統計: 質的データ編〜

前回までは、記述統計のうち量的データについて解説を進めていきました。

今回は、質的データの記述統計について解説を進めましょう。

質的データの記述統計を行う際の代表格は、度数分布表の作成です。

度数分布表は、文字のごとく質的データの各項目がどれくらいの頻度として存在するのかを把握する表です。後述するグラフと同時に利用することにより視覚的にもわかりやすくなります。

SPSSによる度数分布表の作成方法

それでは早速、SPSSで度数分布表を作成してみましょう。

Step1:メニューから「分析」>「記述統計」>「度数分布表」を選択します。

SPSSの度数分布表の作成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Step2:度数分布表のダイアログが表示されます。左側に候補となる変数が表示されていますので、その中から対象となる変数を選択しましょう。今回は質的変数の記述統計ですので、名義尺度と順序尺度の変数が対象となります。

度数分布表のダイアログ

 

 

 

 

 

 

 

Step 3:この度数分布表のダイアログでは、表の作成と共にグラフも同時に作成できるので「図表」を選択肢、グラフの種類を「棒グラフ」に設定し、「続行」をクリック。

度数分布表のグラフ

 

 

 

 

 

 

 

Step 4 : [度数分布表]のダイアログに戻ったら、 OK を押します。
出力ビューアに度数分布表とグラフが表示されました。

度数分布表の出力

度数分布表グラフ

今回は、SPSSによる質的データの記述統計について度数分布表のやり方をご紹介しました。

 

【トレーニング情報】「はじめてのSPSS超入門」

はじめてのSPSS超入門

統計解析ソフトウェア「IBM SPSS Statistics」をはじめて導入して使い始める方向けのトレーニングコースです。SPSSの起動やデータの読み込み、基本操作などの基本を学ぶことから始まり、データ分析に必要なデータ準備やデータ加工、そして基本集計でもある記述統計を実際にPCを操作しながら習得することが可能です。さらには、2変量同士の解析として基本の相関分析、クロス集計(カイ2乗検定)、平均値の差の検定(t検定)までを1日で学ぶことが可能です。

   詳細はこちら